福岡市中央区で傷と汚れで痛んだフローリングをリフォーム

福岡市中央区で傷と汚れで痛んだフローリングをリフォーム

先日、フローリングの上にフロアタイルを上貼りする工事をしてきました。

今回の現場は、フローリング全体的に凹み傷や線傷があり、フローリングの経年劣化もあるので、リペアよりもフロアタイル貼りをお勧めしました。

 

【before】全面的な汚れ

【before】全面的な汚れ

【before】全面的な汚れ

【before】線状の凹み傷多数

【before】線状の凹み傷多数

【before】凹み傷多数

 

今回使用したフロアタイルは「サンゲツ WD-362」です。
ソフト巾木は「サンゲツ W-95 H60mm R付」 を使用しました。
フローリングとも色があっていて、引き締まった感じがします。
完成写真がこちらです。

【after】

【after】

【after】

今回のように全体的に傷や経年劣化がみられる時は、フロアタイルやリフォーム用のフローリングを上から貼る工事の方が金額的に安くなるケースがあります。
現場によっては、どうしても上張りできずにリペアで施工しないといけない時はもちろんリペア対応いたします。

フローリングの傷や劣化でお困りでしたら、まずはDr.直し屋にご相談ください。いろんな補修方法のご提案をさせていただきます。

 

 

 

お電話でのお問い合わせは
0120-748325(直し屋さんにGo!)松尾まで